生きるための「正義」を考える本
2019年度新刊2019年度新刊
ネット書店で購入する
シェアする

正解がない問いに挑み、自由と強さを手に入れよう

生きるための「正義」を考える本

監修・押谷由夫(武庫川女子大学教授)

思春期の子どもたちに
人生に役立つ“公正な考え方”を


教科:道徳、特別活動 NDC:150 ジャンル:教科学習 発売年:2019年 巻数:全1巻 ISBN:978-4-05-501270-6 定価:本体4,200円+税 判型・頁数:B5判・108ページ 学習指導要領:道徳 小学校高学年〜中学校 装丁・製本:特別堅牢製本図書

プロに聞く! ここがオススメ!プロに聞く! ここがオススメ!

具体的な場での選択をどうするかを考える本。そのためのアイデアがいろいろ出されているので、自分の考えの参考にしたり、クラスで話し合ったりするための素材として活用できます。(全国SLA学校図書館スーパーバイザー・藤田利江先生)

本書の特長正解がない問いを考える、道徳教材!

●これまでの『道徳』にはないポップな紙面
「道徳は説教臭い」という既成概念を覆す、ポップなまんがを掲載しています。

●さまざまな場面で活用できる!
現代の社会で問題となっている事例も多く掲載。社会科や特別活動、総合的な学習の時間などさまざまな場面で活用できます。

試し読み

学習のポイント考えることで、
私たちはもっと
自由になれる

学校生活での係決めから、死刑制度の是非まで、幅広いテーマの道徳的ジレンマを掲載。さまざまな考え方を通じて、「自分だったらどうする?」を考えさせます。多様性を認めることが大切とされ、これまで以上に“公正さ”や“正義”といった道徳的な考え方が必要とされる現代。生き抜くための力を、本書で育むことができます。

押谷由夫(武庫川女子大学教授)児童生徒が主体的に道徳的解決力を高める教材

新教育課程をリードする道徳教育は、「人間としての自分らしい生き方」をしっかり考え、日常生活や様々な学習活動の中で「主体的に判断し行動できる」児童・生徒の育成を目指しています。そのためには、具体的な道徳的事象や状況に向き合い、話し合い、自分の考えを深めていく学習が不可欠です。本教材はそのスキルを身につける絶好の教材です。

■目次■
  1. はじめに  2
  2. この本の使い方  6
  3. 学校編
  4. 1 係を決めるのによい方法は?     8
  5. 2 校則そくは何のためにあるのか?  12
  6. 3 うまいだけで試合に出られるのか! 16
  7. 4 友だちはたくさんいなきゃだめ?  20
  8. 5 ライン(LINE)はめんどくさい!  24
  9. 6 多数決VS.少数意見の尊重      28
  10. 7 いじめっ子からいじめられっ子へ   32
  11. 8 学校に行かなくてもよいとは言うけれど… 36
  12. [コラム]思考実験とは…? 40
  13. 家庭・地域編
  14. 9 宿題は自分でするものだけど… 42
  15. 10 親の言うことはどこまできくべき?  46
  16. 11 親の言うことに矛盾を感じる  50 
  17. 12 上のきょうだいと下のきょうだい, どっちがよい?  54
  18. 13 近所の人のルール違反を注意すべき?  58
  19. [コラム]「正義」についての考え方の流れ   62
  20. 社会編
  21. 14 寄付をするのはいいことでしょ? 64
  22. 15 やせていることが美しい?   68
  23. 16 どんなときでも高齢者に席を譲るべき?  72
  24. 17 いい職業やよくない職業ってあるの?   76
  25. 18 男女平等とは言うけれど…        80
  26. 19 お金持ちほど税率が高いのは不公平?  84
  27. 20 性的少数者に必要な配慮は?   88
  28. [コラム]20世紀以降(現代)の「正義」 92
  29. いのち編
  30. 21 尊厳死 を選ぶべき?   94
  31. 22 死刑制度はやめたほうがよい?  100
  32. 終わりに  106

関連書籍関連書籍

  • 池上彰さんと学ぶ12歳からの政治 全5巻

    池上彰さんと学ぶ12歳からの政治 全5巻