世界がぐっと近くなる SDGsとボクらをつなぐ本
2020年度新刊2020年度新刊
ネット書店で購入する
シェアする

子どものためにSDGsをやさしくかみ砕いた入門書!

世界がぐっと近くなる SDGsとボクらをつなぐ本

監修・ 池上 彰(ジャーナリスト)

子どもたちでも理解できるように工夫された
世界一わかりやすいSDGs本を発売します!


NDC:360 ジャンル:教科学習 発売年:2020年 巻数:全1巻 ISBN:978-4-05-501294-2 定価:本体4,800円+税 判型・頁数:B5変型判・128ページ 装丁・製本:特別堅牢製本図書

プロに聞く! ここがオススメ!プロに聞く! ここがオススメ!

SDGsの17の目標についてポイントを押さえてしっかり知ることができる本。冒頭は池上彰先生と5人の子どもたちの対話で進められ、そこで世界の様々な問題を知ることができます。「ボクらにもできるSDGs」を考えるコーナーと、池上先生に教えてもらうコーナーがあり、17の目標をより深く紐解くことができます。

本書の特長

●日常を描いたまんがでSDGsが身近に感じられる!
SDGsにまんがで導入。楽しいまんがに読者も自然とのめり込む。

●イラストたくさんの見開きで、SDGsを丁寧にかみ砕く!
SDGsを「自分事」として理解できる丁寧かつ明快な図解。

●池上先生書下ろしのコラムや取り組み紹介も充実
実践紹介と池上先生のコラムでSDGsの理解がもっと深まる。

試し読み

学習のポイント国際理解、社会科で全世界が大注目!
SDGsをやさしく解説

教育業界で注目を集めるSDGs。だけど、とても難しい…。そんな悩みに応えるために、「世界一わかりやすいSDGs本」を目指して作りました! 授業でSDGsを導入したいときは、まんがが大活躍。図解ページをコピーすれば資料集代わりにも活用できます。日常を意識した本書だからこそ、子どもたちを無理なくSDGsの世界に導くことができます!

池上 彰(ジャーナリスト)私たちの目標としてSDGsを理解するために

SDGsは実感を持って理解することが難しいという課題があります。本書は、子どもたちがSDGsを自分事として理解するための工夫がされたSDGs入門書です。遠い国の話に感じてしまうSDGsですが、国連は先進国の問題を指摘し、取り組みを求めています。日本の課題でもあるのです。地球市民の時代に読まれるべきおすすめの一冊です。

自分をはげます。
■目次■
  1. はじめに
  2. SDGsとは?
  3. みんなでSDGsを考える:池上彰 SDGs特別講義
  4. 1.[貧困]について知る。
  5. 2.[飢餓]について知る。
  6. 3.[健康]について知る。
  7. 4.[教育]について知る。
  8. 5.[ジェンダー]について知る。
  9. 6.[水]について知る。
  10. 7.[エネルギー]について知る。
  11. 8.[人間らしい働き方]について知る。
  12. 9.[インフラ]について知る。
  13. 10.[平等]について知る。
  14. 11.[まちづくり]について知る。
  15. 12.[消費と生産]について知る。
  16. 13.[気候変動]について知る。
  17. 14.[海の環境]について知る。
  18. 15.[生物多様性]について知る。
  19. 16.[平和と公正]について知る。
  20. 17.[パートナーシップ]について知る。
  21. キーワード集
  22. SDGsオススメ本紹介
  23. 索引

関連書籍関連書籍

  • 統計から見えてくる 世界のミライ

    統計から見えてくる 世界のミライ

  • それ日本と逆? 文化のちがい習慣のちがい

    それ日本と逆? 文化のちがい習慣のちがい